花島成人 写真展「-ism」

写真:花島成人展イメージ

パンタグラフにて開催

やまだはるか アニメーション展

写真:やまだはるか展イメージ

喫茶コマドリにて開催

やまだはるか作家サイト

会期
2012年3月31日(土)‐4月1日(日) 11:00‐18:00(入場無料)
会場/主催
PANTOGRAPH 及び 喫茶コマドリ
横浜市神奈川区神奈川2-10-17ADビル101(喫茶コマドリは二軒隣り)
045-450-5041(PANTOGRAPH)
http://www.pangra.net/
地図
図:会場地図

・3月31日(土)18:00よりオープニングレセプション&トークがあります!

・ご来場者には喫茶コマドリにてドリンクサービスがあります。
(サービスドリンク以外は有料メニューとなります)

展覧会について

3月31日-4月1日の二日間、パンタグラフと喫茶コマドリにて「花島成人展」「やまだはるか展」を同時開催致します。

当展示はパンタグラフの井上仁行が務める横浜美術大学・映像メディアデザインコース・平成23年度卒業制作作品の中から井上が3作品を選抜し、うち展示可能な2名による展覧会となります。

主催会場であるパンタグラフの活動は多岐にわたりますが、その中でも広告デザイン制作(写真・映像)は大きな比重を占めております。どんな創作物にも核となる“コンセプト”とその入り口に立ってもらうための“仕掛け”があります。その中でも我々に求められるのは主に後者、まずメッセージを聞いてもらうためにその場に立ち止まってもらうことです。今回はあえてそういったパンタグラフからの視点を基準に3作品を選びました。

花島成人の写真展示には隙のない構成力、やまだはるかには一見荒削りなアニメーション素材を一つの作品に仕立て上げる総合力が見受けられました。また、もうひとりの選抜者・進藤紀子は自身のNPO活動の記録をブックデザイン、電子書籍、写真、動画と多様なメディアで構成し、観客にどう伝えるかということに真摯に向き合った作品となっております。

試行錯誤を繰り返しながら創られた作品の所々には彼らの若くて強い想いや葛藤が垣間みられます。ぜひ様々な視点から彼らの作品をご覧ください。

パンタグラフ 井上仁行